放置車を海に沈めて人工魚礁に 首相が違法駐車の取り締まり厳格化指示

プラユット首相は6月25日、公道上に古い自動車が放置されたままとなっている問題の解決策として、これらの車両を道路上から撤去し、海に沈めて人工魚礁とする考えを明らかにした。

同日の閣議で首相は、「放置車が交通渋滞の原因になっている。使われなくなった車両が道路脇、橋の下、高速道路の下などにたくさん放置されている」と指摘するとともに、違法駐車に関しては所有者から罰金を徴収しなければならないと強調した。

関連記事

ページ上部へ戻る