保健省発表 昨年の自殺未遂者5万3000人、自殺者4000人 増加傾向に 

保健省精神衛生局のキアッティプム局長によれば、昨年は自殺を試みる人が1時間当たり6.11人となり、前年(2017年)の6.03人を上回った。昨年は合計約5万3000人が自殺を試み、その結果約4000人が死亡した。

また、統計によれば、自殺を試みる者の数は男性が女性の4倍で、年齢では男性で35~36歳、女性で50~54歳が最も多かった。

関連記事

ページ上部へ戻る