給食業者の不正 内相が厳しく取り締まると明言 選定条件を厳格化

政府の給食プログラムに絡んだ業者の不正が報じられている問題で、アヌポン内相はこのほど、不正を働いた業者を厳しく取り締まると明言するとともに、給食を提供する業者の選定条件を厳格なものにする意向を明らかにした。

政府はすでに問題解決に動き出しているが、具体的には、関係当局に対し、給食業者と学校が結ぶ契約に「業者が低品質の給食を提供した場合、学校側は契約を破棄できる」との文言を含めることを指示したとのことだ。

なお、給食問題では、学校側が給食予算を削ってスポーツ活動などに割り当てていたなど学校側に責任のあるケースも報告されている。

関連記事

ページ上部へ戻る