バンコクに高齢者向け病院 年内オープン予定 都庁が運営

アサウィン都知事は7月16日、人口に占める高齢者の比率拡大に対応すべく、バンコク都庁運営の高齢者向け病院が年内にもバンクンティエン区にオープンする予定と説明した。

この300床の病院を建設する計画は都庁が2016年に打ち出したもので、この年に工事がスタート。現在建設工事は93%まで進んでいるという。また、高齢者向けのリハビリ施設が併設されており、高齢者医療を学ぶセンターも備わっているとのことだ。

なお、バンクンティエン区はバンコク50区のうち最も南に位置し、また、海(タイ湾)に面している唯一の区となっている。

関連記事

ページ上部へ戻る