プーケットの評判落とす「ぼったくり」 首相が注意喚起

観光の島として世界的に知られたタイ南部のプーケットで観光客がぼったくられる出来事が相次いだことから、プラユット首相はこのほど、プーケットの人々に対し、観光客が法外な料金を取られることがないよう注意してほしいと呼びかけた。

最近の事例では、オーストラリア人2人がプーケット空港から約50キロ離れたホテルまで乗り合いバンに乗ったところ、3000バーツを要求され、2人が警察署に被害届を提出した。プラユット首相は、「観光客相手のぼったくりが続けば、プーケットひいてはタイの評判に傷がつくことになる」と苦言を呈した。

関連記事

ページ上部へ戻る