主要ダムからの放流急ぐ 中央平野の水田干上がり回避のため

今年は例年より雨が少なく、タイ国内の広範なエリアで深刻な水不足に直面するとの見方が出ているが、農業協同組合省では、主要ダムのプミポンとシリキットでは、田植えが行われたばかりの中央平野の水田が干上がることがないよう放流を急いでいる。速やかに水田に水を供給しないと、272万ヘクタールに及ぶ水田の稲が枯れてしまう恐れがあるという。

農業省によれば、現在の1日当たり放水量は、プミポン・ダムが昨年同期の2300万立方メートルを上回る2500万立方メートル、シリキット・ダムが同1900万立方メートルを上回る2000万立方メートルとなっている。

関連記事

ページ上部へ戻る