タイ政府 水不足緩和のため中国・ラオス・ミャンマーに協力求める

タイは今年、深刻な水不足が発生するとの見方が強まっているが、プラユット首相は7月24日、タイ国内の水不足を緩和すべく、主要河川の上流に位置する中国、ラオス、ミャンマーの3カ国に対し、ダムからの放流量を増やすなどして河川の水量を増やすよう協力を要請したと発表した。

これらの国々のダム貯水量がさほど多くないものの、タイに協力的な姿勢を示しているという。また、外務省と国家水源事務所ではさらなる協力を引き出すべくこれら3カ国の関係当局と話し合いを続ける予定。

関連記事

ページ上部へ戻る