交通渋滞緩和にドローンを活用 ラマ2世通りで成果

タイ警察庁交通課によれば、ラッシュアワーの交通渋滞がひどいラマ2世通りの渋滞緩和にドローンが使われており、成果が上がっているという。

具体的には、ドローンで上空から道路状況を撮影した画像を交通整理に当たっている警察官が携帯電話で確認できるようになっており、これが的確な交通整理、渋滞の緩和につながっているとのことだ。

ラマ2世通は連休前など交通渋滞が悪化するため、交通課では迂回路を示す看板を道路脇に設置するなどして渋滞の緩和に努めている。

関連記事

ページ上部へ戻る