最高速度120キロへの引き上げは一部道路と乗用車に限定

車の流れをスムーズにして交通渋滞を改善するためとしてサクサヤム運輸相が4車線道路の最高速度を現行の時速80キロから120キロに引き上げる案を示し不評を買っているが、これが適用されるのは一定の条件を満たす4車線道路と乗用車に限定される見通しという。

高速走行で交通事故の増加を懸念する声についてサクサヤム運輸相は7月31日、「交通事故の原因はほとんどが飲酒か不注意であり、最高速度の引き上げで事故が増えることはないだろう。仮に事故が増加したら、それに対応した安全対策を導入すればよい」との楽観的見方を示した。

関連記事

ページ上部へ戻る