48の私立病院が閣議決定に従わず費用情報未提出 当局が聞き取りへ

医療費が価格管理の対象とされたことから医療機関に治療費や薬代などを公開することが義務づけられることになったが、タイ商業省国内取引局はこのほど、国内の私立病院のうち48は期限の7月31日までに病院で利用者が支払う費用に関する情報が提出されていないとして、これら病院から聞き取りを行う方針を明らかにした。

これまでに費用に関する情報を提出した私立病院は305カ所とのことだ。

なお、医療費などを価格管理の対象とすることは7月2日の閣議で決まったもので、医療費には医薬品、医療品、医療サービスの費用が含まれている。

関連記事

ページ上部へ戻る