ソンクラ県の滝に中国人女性の遺体 警察は殺人と判断

南部ソンクラ県ハートヤイ郡の滝で9月20日に中国人女性(28)の遺体が見つかったことについて、警察は9月28日、解剖結果から女性が殺害されたのはほぼ確実との見方を明らかにした。

解剖結果によれば、女性は鈍器で複数回殴打されて死亡し、その後で犯人が遺体を滝に遺棄した可能性が高いという。警察は現在、重要参考人の中国人男性から聞き取りを行っているが、男性は「犯人はほかにいる」と主張して殺害への関与を全面的に否定しているという。

また、男性は女性について「面識がない」と述べているというが、女性を滝まで乗せたタクシーの運転手によれば、女性が男性の姿を見つけた際の言動から女性が以前から男性を見知っていたように思えたという。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る