タイ警察庁前にニセ爆弾 容疑者2人を長距離バスで逮捕

バンコクの複数カ所で爆発が起きた8月2日の夕方、バンコク中心部にあるタイ警察庁の看板の前にニセモノの爆弾2個が置かれていた事件で、警察関係筋は容疑者の男2人を逮捕したと明らかにした。タイ英字紙が伝えた。

模造爆弾は、LEDライトが点滅したり、基板が取り付けられていたりして手製の爆弾に見せかけたものだった。

タイ警察は防犯カメラの映像などから容疑者を特定。3日に南部チュムポン県で長距離バスに乗っていた容疑者2人を逮捕したとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る