電子タバコは今後も違法 タイ首相が明言「根回しに屈しない」

タイでは電子タバコの所持・使用が禁じられているが、プラユット首相は8月20日、「新政権は解禁を求めるグループによる根回しに屈しない」と明言し、電子タバコの合法化を認めない方針を明らかにした。

首相によれば、電子タバコを認めれば、売り上げの一部が政府に入ることになるが、その代わりに国民の健康に影響が及んで厚生面への政府の予算割り当ても増えることになる。このため目先の経済的利益だけをみて電子タバコを合法化することはできないとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る