飲食店の夜間営業 午前4時まで延長の観光スポーツ省案に賛否両論

現在午前2時までとされているクラブなど夜間営業の飲食店の営業時間を午前4時まで延長するという観光スポーツ省のアイデアについて賛否両論が巻き起こっている。

飲食店経営者の多くは歓迎の声をあげているというが、学識経験者などからはどのような悪影響があるかを詳しく検討してから営業時間の延長を認めるか否かを決めるべきとの慎重な意見が出ている。

アルコール研究センターのリサーチャー、ウドムサク氏は、営業時間延長がどのような結果を招くかは現時点では定かでないため、政府は急いで延長を許可すべきではないと指摘している。

関連記事

ページ上部へ戻る