タイ保健省高官 詳細な自殺報道を控えるよう求める 真似る人の増加を危惧

タイ保健省精神衛生局のキアティプム局長はこのほど、自殺に関する報道が自殺を増やしている可能性があるとして、とりわけ自殺の方法を具体的に描写した写真入りの報道は控えるべきと訴えた。

先に車内で練炭を燃やして一酸化炭素中毒で一家心中したとみられるケースがあり、これが詳しく報じられたが、これをまねて自殺する人が出ることが懸念されるという。なお、練炭を使った一酸化炭素中毒による自殺は、1997~2017年における自殺全体の0.1%だった。

関連記事

ページ上部へ戻る