カオサン通りの景観改善画に露天商らが反発 代替地に不満

外国人バックパッカーに人気のゲストハウスが軒を並べるバンコク都内カオサン通りはバンコクの観光スポットのひとつともなっているが、ここの歩道で商売をしている露天商らが8月27日、通りから露店を一掃するとのバンコク都庁のプランに反対する意見書を都庁に提出した。

露店の排除は、今年10月から来年2月にかけ4880万バーツを投入して実施するカオサン景観改善計画の一環となっている。都庁は露天商らに商売のできる代替地を用意するとしているが、露天商らは「代替地は日陰がなく露店に日よけをつける必要があり、車道に張り出すことになり不都合」と訴えている。

関連記事

ページ上部へ戻る