小売業界がレジ袋無料配布廃止で合意 来年初めから実施予定

ワラウット天然資源環境相は9月6日に開いた記者会見の席上、小売業界がプラスチックごみ問題対策の一環として来年初めからレジ袋の無料配布をやめることで合意したことを明らかにした。

天然資源環境省は同日、小売店の代表者を集め、レジ袋を減らすという同省のキャンペーンへの参加を要請。これを受け小売業界がレジで買い物を入れる袋を無料で提供するのをやめることで意見が一致した。

ワラウット大臣は「来年から買い物客は購入した商品を入れる袋を事前に用意しなければならない。レジ袋廃止は交渉に時間がかかったが、ようやく実現の運びとなった」と話している。

関連記事

ページ上部へ戻る