チェンマイ動物園で19歳のパンダが老衰により死亡

北部チェンマイ県のチェンマイ動物園で飼育されていた19歳のオスのジャイアントパンダのチュアンチュアンが9月16日午後4時30分ごろ、竹を食べて数歩歩いたあとに倒れて死んだという。

ジャイアントパンダの寿命は野生で15-20年、飼育下で20-30年とされており、同動物園ではチュアンチュアンが老衰で死んだと考えているとのことだ。

チュアンチュアンがタイに来たのは2003年10月、今年8月6日には19歳の誕生日を祝うイベントが執り行われていた。

関連記事

ページ上部へ戻る