僧侶向けの健康促進フェア 半数近くが肥満 高カロリー食に運動不足

9月17日、バンコク都サトン区にあるヤナワ寺で僧侶向け健康促進フェアが保健省によって催された。

タイでは僧侶は毎朝托鉢を行い、市民から喜捨された食事を食しているが、高カロリーの食事が多いことや運動不足などを原因とする健康問題が増えており、しっかりした健康管理が必要となっている。タイでは僧侶の半数近くが肥満との調査結果も出ている。

関連記事

ページ上部へ戻る