タイ東北4県とバンコクが大雨の恐れ 9月26日まで

タイ気象局は9月21日、洪水被害が続いている、ウボンラチャタニ、ヤソートン、ロイエット、シサケートの東北4県やバンコクが低気圧の影響などで9月26日まで大雨に見舞われる恐れがあると発表した。また、北部や東北部などでは気温が3-5度下がる可能性もあるという。

一方、防災局によれば、2つの台風がもたらした大雨で8月29日以降に合計32県が洪水に見舞われ、浸水した住宅は合計41万9768戸にのぼった。

関連記事

ページ上部へ戻る