洪水被災地の復旧に約23億バーツ 道路や橋などインフラ修理

関係筋によれば、政府は10月1日の閣議で先の洪水で被害を受けた北部や東北部の県を対象に復旧のために総額22億8000万バーツを割り当てることを決めた。

復旧予算は運輸省から請求があったもので、この予算を使って洪水で傷んだ道路や橋が修理される。具体的には、北部と東北部の24県で218に及ぶ道路やインフラの修理が行われる。

関連記事

ページ上部へ戻る