大気汚染悪化 公害対策局、バンコク都心へのトラック乗り入れ制限を検討

バンコク首都圏では涼期に向けて大気汚染がさらに悪化することが懸念されているが、公害対策局はこのほど、政府職員に対し、大気汚染悪化の回避策の一環としてマイカーの使用を控えるよう呼びかけた。

また、公害対策局のプラロン局長によれば、同局では大気汚染のさらなる悪化を防ぐために午前6~10時と午後3~9時にかけてバンコク中心部にトラックが進入するのを禁止するといった厳しい措置を執る予定という。

関連記事

ページ上部へ戻る