プミポン・ダム 貯水量が半分に満たず懸念強まる

関係当局によれば、主要貯水施設のひとつ、プミポン・ダムでは現在の貯水量が貯水容量の半分にも達しておらず、乾期にダムから十分な水量を供給できないのではないかとの懸念が強まっている。

10月5日にはダムに1800万立方メートルの水が流れ込んだが、発電のためこのうち約1000万立方メートルを放流している。

関連記事

ページ上部へ戻る