期間限定の観光列車 タイ国鉄が予約受け付けを開始

タイ国有鉄道(SRT)は今年11月中旬から来年1月にかけてバンコクと中部ロッブリ県のパーサクチョラシット・ダム駅を往復する観光列車を毎週土曜日と日曜日に運行する。そのチケットの前売りが10月10日に開始された。

観光列車は午前7時10分にバンコクのホアランポン中央駅を出発し、午前11時32分にパーサクチョラシット・ダム駅に到着。復路は午後3時30分に出発、午後6時20分に到着の予定。料金は扇風機付きの3等客車が大人、子供ともに290バーツ、冷房付きの2等客車が490バーツとなっている。

風光明媚なパーサクチョラシット・ダムはタイの観光スポットのひとつとなっており、以前から観光列車が運行されている。

関連記事

ページ上部へ戻る