タイは間もなく涼期に突入

気象局は10月14日、タイでは17日に年間で最も気温の低い涼期が始まると発表した。バンコクでは年末に気温が15-17度に下がる見通しという。

プーウィアン同局局長によれば、この涼期は気温が低めで、また、北部、東北部などは雨が少なく、南部は嵐や洪水が予想されるという。

この涼期における予想平均気温は20-21度で、前の涼期の21.9度を下回る見込みとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る