外国人を狙った強盗事件 容疑者2人を逮捕

南部ナコンシータマラート県ムアン郡(県庁所在地)で10月11日、フィンランド人男性(52)が自宅に侵入した男たちに刃物で首を刺され、現金25万バーツを奪われた事件で、警察はこのほど、同県と南部サトゥン県で容疑者の男2人を逮捕したと発表した。

容疑者の1人(53)は容疑を認めているという。男性は入院して治療を受けており、命に別状ないという。

関連記事

ページ上部へ戻る