予算案の審議時間 与野党にそれぞれ3時間追加

10月17日午前9時30分から3日間にわたって行われる今年度(今年10月-来年9月)予算案の第1読会について、与党議員と野党議員のとりまとめ役が16日、審議の進め方などを協議し、与党と野党に答弁と質疑のためそれぞれ3時間を与えることで意見が一致した。

これで与党と野党に与えられる答弁と質疑の時間はそれぞれ合計18時間となった。また、これとは別に第1読会ではプラユット首相が2時間にわたって予算プランを説明することになっている。なお、予算案の第2・第3(最終)読会は来年1月に行われる予定。

関連記事

ページ上部へ戻る