象11頭が滝に落ちて死んだことから当局が対策検討へ

先にカオヤイ国立公園内で野生象11頭が滝に落ちて死ぬという出来事があった。これを受けて同公園内で当局に野生動物の保護などを求める男性がハンストを開始していたが、10月17日、国立公園野生動植物保護局が野生象を対象とした安全対策を検討すると約束し、男性がハンストをやめた。

関係筋によれば、象たちは滝に落ちた子象を助けようと次々に滝に落ちたとみられるが、過去にも同様の出来事があったという。

国立公園野生動植物保護局は30日にも関係者や専門家を集めて野生象を危険から守る措置について検討する予定という。

関連記事

ページ上部へ戻る