首脳会議に備えて大規模な警備訓練

バンコクに隣接するノンタブリ県のムアントンタニで10月29日、11月初めのバンコクでの第35回ASEAN首脳会議開催に備えた大規模な警備訓練が開始された。

訓練のスタートを宣言したプラウィット副首相(治安担当)によれば、警備態勢は万全で、不測の事態にすべて対応できる自信があるとのことだ。

なお、同会議の警備には1万7000人に及ぶ治安要員が動員される予定という。

関連記事

ページ上部へ戻る