オートバイの男たちが母親と息子を射殺

イスラム過激派のテロで治安が極度に悪化している最南部3県のひとつ、パタニ県で10月4日午前8時半ごろ、オートバイでやって来た男たちに地元の女性(46)とその息子(27)が射殺される事件が起きた。

 

現場はトゥンヤンデーン郡の道ばたの茶屋。ここにオートバイ2台に2人乗りでやってきた男4人のうち後部座席の2人が茶屋に来ていた複数の地元住民の目の前で拳銃を取り出して2人に発砲。女性はその場で死亡し、息子は搬送先の病院で死亡した。女性は大理石を扱うビジネスをしていたが、犯人たちの動機は今のところ不明という。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る