チェンマイで覚醒剤500キロを押収

北部チェンマイ県で11月4日、関係当局は主要な麻薬組織のメンバーとみられる9人を逮捕するとともに乗用車に隠されていた500キロに及ぶ覚醒剤を押収した。これは先に北部ラムパン県で同じ組織のメンバーを逮捕したことに伴うものという。

4日に逮捕された容疑者の1人は取り調べに対し、今回と同じ手口で過去に3回、覚醒剤を南部のナコンシータマラート県とソンクラ県に運んだことがあると自白したという。

関連記事

ページ上部へ戻る