タイ南部4県8郡に夜間外出禁止令発令か 治安ボランティア殺害受け

南部14県のうち最南部3県と隣接の1県の計8郡に夜間外出禁止令を発令することの検討を許可することがこのほど官報で発表された。

具体的には、パタニ県マイケーン郡、ヤラ県ベートン郡、ナラティワート県スンガイコーロク、スキリンの2郡、ソンクラ県チャナ、サバヨーイ、テーパー、ナータウィーの4郡について今年12月1日から来年11月30日にかけて夜間外出を禁止することの検討を国内治安作戦司令部(ISOC)司令官(プラユット首相)に許可するものとなっている。

なお、関係当局は、夜間外出禁止令の発令は治安許可のために以前から話が出ていたもので、先にヤラ県で村落防衛ボランティア15人が殺害される事件が起きたことに呼応したものではないと説明している。

関連記事

ページ上部へ戻る