チェンマイ空港 外国人が旅客機の非常ドアを突然開放 離陸が遅延

北部チェンマイ県のチェンマイ空港で11月6日午後4時前、タイスマイル航空の旅客機が離陸しようとしていたところ、乗客の外国人の男が突然非常ドアを開けて緊急脱出スライドが展開し、このためバンコク行の同フライトの離陸が約1時間遅れた。

これを受けてタイ民間航空機構(CAAT)では男が何を意図していたかなどを明らかにすべく調査に乗り出した。男はすぐに治安要員に捕らえられ、警察によって身柄拘束中。関係筋によれば、悪意があったとして有罪になれば、男には5年までの禁固刑が科される可能性がある。

関連記事

ページ上部へ戻る