空港と機内での工芸品販売を拡大へ 副運輸相が28空港にスペース設置指示

タウォン副運輸相は11月11日、タイ国内で作られた国産工芸品の空港と旅客機内での販売を全国に拡大する方針を明らかにした。

これはタイ版一村一品運動の「ワン・タムボン・ワン・プロダクト(OTOP)」で作られた産品をタイ国際航空がこの3年間で2億7300万バーツ売り上げたことによるもの。同副大臣はすでに国内の28の空港に対し、OTOP製品の販売スペースを設けるよう指示している。

関連記事

ページ上部へ戻る