カンボジアでネット賭博 身柄拘束されたタイ人たちが帰国

カンボジア国内で違法なネット賭博を開帳して利益を得ていて当局に捕らえられたタイ人170人あまりが11月21日、カンボジア当局によって身柄拘束を解かれ、陸路で東部サケオ県に戻った。

関係当局によれば、これらタイ人の釈放はサケオ県知事がカンボジア側と交渉して実現したもので、無条件での解放だったという。

また、これらタイ人がネット賭博に関連する違法行為の疑いで捕らえられただけか、あるいは犯罪に手を染めたことが証明されて正式に罪に問われたかは不明とのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る