建設中のビルが崩壊し7人死亡 プーケット

南部プーケット県タラーン郡で11月21日午後1時ごろ、建設中のオフィスビルが崩れ落ちてがれきの下敷きになるなどして作業員7人が死亡したという。

現場ではタイ人とミャンマー人の作業員が働いたが、死亡したのはタイ人4人、ミャンマー人3人という。現場では重機を使ってがれきを除去し、作業員9人が救出されたという。

関連記事

ページ上部へ戻る