農薬問題 使用禁止に反対する農民らが抗議集会

12月1日から農薬3種の使用が禁止されることに農民などが反対している問題で、11月26日、農民や農薬を扱う業者など約1000人が政府庁舎前に集まって使用禁止の見直しを政府に要求した。

除草剤2種類と殺虫剤1種類について国家危険物委員会(NHSC)は10月22日、農民の健康被害を考慮して12月1日から使用・所持・販売などを禁止することを最終決定した。

使用禁止に反対する農民らによれば、健康被害を裏付ける新しい証拠が出てきたわけではないにもかかわらずNHSCは使用禁止を決定したもので、また、決定において農民やタイ経済にどのような影響が及ぶかが考慮されておらず、決定は不当とのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る