主要ダムの貯水量が減少 来年懸念される深刻な水不足

 水利局は11月30日、主要4ダムの貯水量が少なく、年明けに深刻な水不足問題が生じる恐れがあるとの見方を示した。

プミポン、シリキット、クウェーノイ、パサクチョラシットの4ダムの貯水量は現在、貯水能力のわずか47%にすぎないという。タイは今、雨のほとんど降らない乾期で、これは毎年11月から翌年2月ごろまで続くため、このままでは来年、深刻な水不足問題が発生する恐れがあるとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る