バンコク首都圏で9日まで気温低下 タイ気象局は最低気温13度を予測

タイ気象局は12月5日、9日まで中国上空から寒気が流れ込むことから、7日はバンコクと近隣県で気温が13度まで下がる見通しと発表した。

ソムサク同局局長によれば、北部と東北部では今後数日間、気温が6~12度まで下がり、高い山では1度にまで低下することが予測されるという。

関連記事

ページ上部へ戻る