「ペテン横行」との独報道にタイ内務省が旅行者の安全強化を指示

タイ国内で不正行為が蔓延しているとのテレビ番組がドイツで放送されたことを受け、タイ内務省がこのほど、関係当局に対し、観光客の安全強化に努めるよう指示した。

同番組では、タクシー料金がごまかされ、商品が水増し価格で売られ、偽の鉄道切符を売る者がいることなどで外国人が被害を被っているほか、外国人を騙そうと観光警察を装って近づいてくる者もいると、タイを訪れる観光客に警鐘を鳴らしていた。

一方、世界的に知られたタイの観光地のひとつ、パタヤについて、同地の観光警察は、「ペテンに関する苦情は多い。だが、観光客を狙った凶悪事件は非常に少ない」と説明している。

関連記事

ページ上部へ戻る