タイとドイツ・スイスの間で運転免許の相互使用を可能に

政府報道官は12月11日、ドイツとスイスの2カ国とタイの間で運転免許証を相互に使用可能とするため関係当局による話し合いが開始されることになったと明らかにした。

現在も免許証の保有者は国際免許証を取得することで外国で運転できるが、これを通常の免許証だけで運転を可能にしようというものだ。同報道官は、「訪問先の国の関係当局による承認によって短期的・一時的に自国の運転免許証が有効とされる見通し」と説明している。

この措置によってドイツとスイスの2カ国からタイを訪れる旅行者の増加が期待されるという。

関連記事

ページ上部へ戻る