切り裂きジャックをナコンラチャシマ県で逮捕

 過去に連続殺人事件を起こして「タイの切り裂きジャック」と呼ばれていた男が12月18日、東北部コンケン県で51歳の女性を殺害した疑いで東北部ナコンラチャシマ県パクチョン郡で列車に乗っているところを逮捕された。ソムキット容疑者(55)は女性5人を殺害したとして2005年に死刑判決を受けたが、罪を認めたとして無期懲役に減刑されて服役していたが、模範囚だったことから今年5月17日に仮釈放された。その後、容疑者はネット上で自分は弁護士だと偽って知り合ったコンケン県在住の女性に12月初めに会いに行き、その家でこの女性が殺害された。警察はこの女性がソムキット容疑者による連続殺人事件の6人目の犠牲者とみているとのことだ。警察によれば、列車内で乗客の男女2人がソムキット容疑者がいることに気づいて警察に連絡し、駆けつけた警察官によってパクチョン駅で容疑者が逮捕されたという。容疑者は逮捕時に抵抗するそぶりは見せなかったという。

関連記事

ページ上部へ戻る