首都と地方を結ぶ長距離バス 年末年始に増便へ 

長距離バスサービスを提供する官営トランスポート社のチラサク社長は12月20日、年末年始におけるバンコクと地方を結ぶ長距離バスは座席がすべて予約済みとなっているが、長距離バスを利用したい人のために臨時便を運行する予定であることを明らかにした。

臨時便は、バンコクとチェンマイ、チェンライ、ナーン、サコンナコン、ナコンパノム、スラタニ、サムイ島などを結ぶもの。同社長は、「トランスポート社の認可を受けて長距離バスを運行している民間業者を含め関係者に対しては、オーバーブッキングやターミナル以外の場所で乗客をバスに乗せるなど規則違反があった場合は厳しく処罰すると伝えてある」と説明した。

関連記事

ページ上部へ戻る