タイの年末年始は犯罪多発 警察がネットを通じて注意喚起

年末年始は詐欺などが多発しているとして警察庁犯罪制圧課(CSD)がインターネットへの書き込みを通じて市民に注意するよう呼びかけている。

CSDによれば、年末年始に多い犯罪としては、■贈り物を届けるふりをして住宅内に侵入してものを盗む■水道や電話の修理人を装って住宅に入り込んで窃盗を働く■宝石を磨くサービスを提供していると言って宝石をすり替える■寄付を募っていると言って金を提供させる■偽札が出回る■人混みでのスリ■バスや列車内でゲームに誘って人から金を騙し取る■偽物を高値で売りつける■昏酔強盗―などが挙げられるという。

関連記事

ページ上部へ戻る