中国の水力発電所で試験運転 メコン川の水位が低下

国家水資源事務所(ONWR)によれば、中国雲南省の景洪ダムの水力発電所で試験運転が行われることから、来年1月1~4日にメコン川の水位が低下してチェンライ、ルーイ、ナコンパノム、ノンカイ、ムクダハン、ブンカン、アムナートチャルン、ウボンラチャタニの8県が影響を受ける見通しだ。

中国当局からの連絡によれば、水力発電所の稼働によってダムの放流量は毎秒1200~1400立方メートルから800~1000立方メートルに減少する見通し。これに伴い、メコン川では水位が40~60センチ下がると予想されるという。

関連記事

ページ上部へ戻る