性犯罪者に化学的去勢 「市民を守れ」と女性議員が要求 法相は賛意

ソムサク法相はこのほど、強制性交で有罪となった者に化学的去勢を施すことを義務化する法律の制定を支持する姿勢を示した。

化学的去勢は、薬を投与して男性ホルモンのテストステロンの生成を抑制して性欲を減退させる措置。同法制定は12月26日に下院でランシマ民主党議員(女性)が求めたもので、同議員は、「性犯罪者に外科的にしろ化学的にしろ去勢を行う法律ができれば、市民を性犯罪から守ることができる」としている。

なお、米国では7州で性犯罪者への化学的去勢が認められている。

関連記事

ページ上部へ戻る