水道当局が31県に対して深刻な干ばつに備えるよう伝える

地方水道公社(PWA)がタイ全国31県に対し、深刻な干ばつで水道水供給に影響が出る恐れがあるため対策を講ずるよう伝えた。内訳は東北部15県、北部9県、南部6県、東部1県で、これらの県のうち82郡をカバーする61の浄水場が水不足に直面する可能性があるという。このため、すでにこれらの浄水場では水を確保するための井戸掘りが開始されている。

なお、タイは今雨のほとんど降らない乾期であり、5~10月ごろが雨期となる。

関連記事

ページ上部へ戻る