年末年始の交通違反 飲酒運転による保護監察処分が37%増加

保護観察局によれば、12月27日~1月2日にかけての年末年始期間に飲酒運転をして保護監察処分となったドライバーの数が1年前を37%上回った。期間中に摘発された交通違反は合計1万2360件で、このうち97%が飲酒運転だったという。

また、飲酒運転で捕まったドライバーのうち117人はアルコール依存症と診断され、4カ月に及ぶアルコール依存症治療プログラムを受けさせられている。

関連記事

ページ上部へ戻る