中国で原因不明の肺炎流行 ノックエアが機内を消毒

タイ国際航空の関連会社で格安航空旅客サービスを提供しているノックエアによれば、中国中部の武漢市で謎の肺炎を発症する人が相次いでおり保健省疾病対策局が感染拡大に注意するよう航空会社に呼びかけていることから、同社では旅客機の機内を消毒するため薬剤を散布していると明らかにした。

武漢市で感染者が60人あまりに達しているこの肺炎については、ウイルス性と報じられているが、それ以上のことはまだ判明していない。なお、人から人への感染は報告されていないと一部で報じられている。

関連記事

ページ上部へ戻る