一部主要道路で近く最高速度を90キロに引き上げ 最低速度も設定

サクサヤム運輸相によれば、運輸省は片面4車線以上の主要道路について最高速度を時速90キロ以上に引き上げることを検討中であり、これについては来月にも国道局からプラウィット副首相を議長とする陸運管理委員会に報告が提出される見通しという。

同委員会が承認すれば、省令が改正され最高速度が引き上げられることになる。

また、低速走行もほかの車両にとって迷惑となるため、最高速度の引き上げと同時に最低速度も設定される予定とのことだ。

なお、運輸省は全国の道路うち最高速度引き上げが可能な区間は合計252キロメートル程度と考えているという。

関連記事

ページ上部へ戻る